会社(PTローカル)設立② -KBLI Berdasarkan Tingakt Risikoとは?-

インドネシア行政手続き

前回の続きです。

まだの方は先に↑をどうぞ。

前回はKBLIの話をしましたが、今回はKBLI Berdasarkan Tingakt Risikoの話をしたいと思います。

KBLIBerdasarkan Tingakt Risikoとは?

KBLI Berdasarkan Tingakt Risikoとは何かといいますと、日本語での説明が難しいので、うまく説明できないのですが、業種によって必要な許可証がこれで決まります。直訳すると業種リスクなんですかね??リスクの高いものほど必要な許可証が多くなります。

Tingkat Risiko(業種リスク) 必要書類

Rendah(低)

NIB
Menengah Rendah(中低) NIB+Sertifikat Standar(簡易的なもの)
Menengah Tinggi(中高) NIB+Sertifikat Standar(管轄の行政での取得)
Tinggi(高) NIB+IJIN(管轄の行政での取得)/Sertifikat Standar(管轄の行政での取得)※Sertifikat Standarは業種により必要

業種リスクが低いものほどプロセスが簡単

上記でもわかる通り、RendahとMenengah Rendahは許可証を作成するのが非常に簡単です。作成という言葉を使っていますが、実際には、OSSというシステムに登録すれば自動的にシステムが作成してくれます。(OSSに関しては後日後述します)

Menengah Tinggi、Tinggiは管轄の行政からの許可証が必要になりますので、上の2つに比べ時間と手間がかかると思います。

それでは、自分が作りたい会社の業種のKBLI Berdasarkan Tingakt Risikoは何かを調べる方法はといいますと、下記になります。

KBLI Berdasarkan Tingakt Risikoを調べる方法

まずは下記のサイトにアクセスします。

上記サイトでご自分のKBLIを探してください。
下記は私の会社(ダイビング)のKBLIになります。

KBLIが探せましたら上記の〇印のところを開きます。そうしますと、Tingkat Risikoが表示されますが、会社の規模(資本金の額)によりTingkat Risikoは変わります(変わらないものももちろんあります。)
資本金の額による会社の規模って?って方は先に前回のブログを読んでください。

上記を開きますと、下記のような画面になります。

Usaha Mikroの場合

Usaha Mikroの場合、Tingkat RisikoはMenengah Tinggiになります。

Usaha Kecilの場合

Usaha Kecilも同様にTingkat RisikoはMenengah Tinggiになります。

Usaha Menengahの場合

Usaha Menengahも同様にTingkat RisikoはMenengah Tinggiになります。

Usaha Besarの場合

こちらも同様にTingkat RisikoはMenengah Tinggiになります。

Tingkat Risikoが会社作成に与える影響

自分で会社設立する場合、プロセスは少なければ少ないほど簡単です。そういう意味ではTignakt RisikoがRendah,もしくはMenengah Rendahであれば非常に簡単に会社が作れます。

ダイビングのようなお客様の安全管理などが重要な業種に関しては、Menengah Tinggiということで、必要な許可証が増えますので、若干時間がかかってくるかと思います。

話が長くなってきましたので、今回はここまでで。

それでは。

ランキングに参加しています。ぽちっと下記の「ブログ村」を1クリックお願いします。

もしAmazonや楽天で買い物をされる際には是非こちらをクリック!!
Amazonはこちら
楽天市場 はこちら
※クリック後に何か買ってもらえれば1〜3%が私の収入となります。ブログ書くモチベーションになります!