車の修理工さんが、車をショートさせて車が壊れましたOh my god!

ダイビング 南国生活 雑記

話すと長いんですけどね、1週間くらい前に、朝ボートマンから電話がかかってきて、ボートのバッテリーが壊れたから、車のバッテリーを貸してくれ、っていうので、急いで車のバッテリーを外して(っていっても自分では外せなかったので、近所の修理工を呼んでやってもらったんです)、ボートマンが持って行ったんです。
でも、結局別の部分も壊れててその日はボート使えなかったんですわ。

で、バッテリーが戻ってきたので、自分でつけようと思ったんですけど、これがまた普通の車と違う場所についてて、さらにすんごい狭いところにあって自分ではできなかったんですよ。
なので、また修理工呼んでつけてもらったんです。

次の日、ダイビングの仕事があったので、出発しようと思ったらエアコンがつかない。どうやらバッテリーの配線を間違えたようなんです。お迎え時間もまもなくだったので急いで修理工場に持って行って配線しなおしてもらってたら、「ばちばちっ!」って火花が散りまして、ショートして壊れちまったんです。

結局、車がつかえなくなり、ここでもまた急いで別の車を何とか探して無事にダイビングはできたんですけどね(お迎えは15分ほど遅れましたが)、うちの車は故障。

その間、2日間あった車を使う予定が使えなくなり、別の代車を自分で用意したんです。

ここまででも相当迷惑な話なんですけど、その車が今日修理から戻ってきました。

うちまで持ってきてもらったんですけど、まだお金の話はしてないんです。でも請求書来たらどうしよ。インドネシアだからしれっと請求書回してきそうですが、日本だったら修理工場が全部責任持ってくれるだろうし、代車の分もお金払ってくれるだろうけど、インドネシアでは・・・、ないな。最悪、全額わたくし負担になりそうですが、そうなったら・・・・、切れるぜ。

責任感のある修理工場であること祈る。

では。

ランキングに参加しています。ぽちっと下記の「ブログ村」を1クリックお願いします。

もしAmazonや楽天で買い物をされる際には是非こちらをクリック!!
Amazonはこちら
楽天市場 はこちら
※クリック後に何か買ってもらえれば1〜3%が私の収入となります。ブログ書くモチベーションになります!