バリの車にドライブレコーダー設置

製品情報

昨日テレビを見ていたら、日本では6月30日から法改正に伴い、あおり運転の罰則が厳しくなったみたいですね。
去年だか高速道路であおり運転してつかまった宮崎容疑者の事件が思い出されますが、実はあの人、僕が日本にいた時にいた会社の後輩のようです。年は一緒なのですが、同期でいなかったので1個か2個後輩。
まったく面識ありませんが・・・。

インドネシアではあおり運転なんて当たり前田のクラッカーで、クラクションなんて、1日で日本で運転するときの一生分鳴らすし、車間距離1mとか余裕のよしこさんです。

ちなみにこっちは信号待ちで後ろから追突されても

「道で起こったことはお互い様だから。」

って言って大概泣き寝入りさせられます。

この20年で、自分もこっちが全然悪くないのにぶつけられて泣き寝入りしたのが合計3回。1回は慰謝料まで請求されました。

変なのも多くなっているので、自家用車と会社の車用に日本から

ドライブレコーダー

買ってきました!!

取り付けって結構面倒なのですが、見苦しくない程度に自分で配線。

買ったものはこれ。ちなみに今は在庫がないようです。

在庫がないのでお値段出ていませんが、今年の1月に買ったときにはアマゾンで¥4890でした(注文履歴で確認しました)

インドネシアで車乗る人も絶対取り付けたほうがいいと思うんですよね。インドネシア人って、向こうが100%悪くても何かと因縁つけてくるのが多いから証拠のためには必要。

日本もあおり運転の証拠がないと捕まえることもできないですよね。

ちなみに、こんな安い値段でどんだけ撮れるの??って思われると思いますが、こんな感じで撮れます。

  • 昼間
  • 夜間
  • 後方

この3つの実際に撮った動画上げますね。

昼間

バリのメイン道路です。

夜間

バリの2車線道路。一応街灯はある道路です。

後方

自分で取り付けているので角度悪いです。信号待ちから発進までの流れ

走りだすとノイズが乗りますが、もしかしたらSDカードの質が悪いのかもしれません。ドライブレコーダー買ったときに付属でついてきた32GBのものを使用しています。
前方のカメラが1200万画素で、後方が確か200万画素です。
後方はさすがに画質が悪いですが、値段なりでしょうか。

配線

日本語の説明書が入っていましたので、配線は簡単でしたが、車のどこを通すのかで結構頭を悩ませました。素人なので内装こじ開けてすっきり配線とはいきませんでしたが、気にならない程度には配線できました。
電源はシガーソケットから取ります。

アマゾンは種類が豊富

僕がこういった電化製品を買うときには、

  • 予算を決める
  • 予算内の商品をランキング上位からいくつかピックアップ
  • レビューを見て評判のいいものを選ぶ

という感じで商品を選びます。アマゾンと楽天で探すことが多いのですが、今回はアマゾンのドラブレコーダーから探しました。
種類も豊富ですので、レビューチェックは必ずしてから購入してくださいね。

日本ですと、車屋さんに行って取り付けてもらうと結構な金額かかりますが、自分でやればお得に取り付けできますので是非試してみてください。

それでは。

ランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします。