日本メーカースマホがダメすぎる

日本帰国 製品情報

アイキャッチ画像は【イラストAC】の無料のものを使わせていただいております。

帰国に向けて、SIMをどうするか、スマホを買い換えるか?っていうようなことを考えて、色々と調べています。

スマホは日本で買い換えようと思っているのですが、日本はまー選択肢が少ないですね。
この状況だったら日本でのI PHONE普及率高いのも納得。

日本製Androidスマホはひどい

世界から大きく後れを取る日本のスマホメーカーですが、検討してみてわかったのは、「これじゃー誰も買わない。」
理由は2つ

  • 高い
  • 性能低い

スマホを選ぶ時に重視するポイントはいくつかあると思いますが、自分の場合は

  • 値段
  • CPU性能
  • メモリー容量・ストレージ容量

ここを一番重要視します。それ以外で、考慮に入れるのは

  • 画面の大きさ・綺麗さ
  • カメラ性能
  • 防水性能
  • バッテリー容量・急速充電対応
  • 重さ

日本メーカースマホがダメすぎるなのですが、重視するポイントを日本メーカーのAndroidスマホと例えば中華スマホで比較した場合、圧倒的に中華スマホのほうがコスパがいい。下記楽天モバイルで売っているスマホを3機種比較します。2機種は日本製スマホ、1機種中華スマホです。

機種名 XPERIA ACE AQUAS sense3 Plus RENO3A
メーカー SONY Sharp OPPO
値段 49819円 44364円 36182円
CPU Snapdragon630 Snapdragon636 Snapdragon665
RAM/ROM 4/64 6/64 6/128
カメラ(外側) 12M 12M/13M 48M/8M/2M/2M
カメラ(内側) 8M 8M 16M
防水防塵 IP68 IP68 IP68
バッテリー 2700mAh 4000mAh 4025mAh

左から値段が高い順に並べましたが、面白いのが、値段が安いほうから順に性能がいい。もちろん公開されているスペック上の話なので、実際に使ってみた場合は別の体感があるかもしれません。
CPU性能も値段が安い順に性能がいいってどういうこと??ちなみにCPU性能の比較表がありますので参考にしてみてください。

OPPOはカメラも4眼なのに対して、SONYは1、SHARPは2。バッテリーも一番容量多いのもOPPO。
このスペックだけ見て、どうやったら日本製スマホが売れるのかが分かりません。

個人的コスパ最強スマホはこれ

僕は、スマホに関しては、そこそこなお値段で、そこそこ使えるスマホで十分なんですね。ハイエンドスマホは必要ない。3Dゲームとかしないし、スマホの反応が最速じゃないと満足できないとかじゃないので、10万円とか出してスマホを買おうなんて考えません。探すとしたら5万円以下。コスパを結構重要視するのですが、そんな僕が個人的にコスパ最強を順位付けするとしたらこちら。

  • 1位 I PHONE SE2 (CPUが最強。ただ個人的には画面が小さい、それからIOSなので、実際に買うとしたら選びません)
  • 2位 REDMI NOTE9S (2万円台で買えて、CPU性能も高く間違いなくコスパは最強。ただ、防水性能がないのと、重い(209g)ので、それを重視する人には向いていません)
  • 3位 OPPO RENO3A(トータルバランスが一番いい。欠点が少ないのですが、唯一の欠点はCPU性能くらい)

買いたいスマホとキャリアが一致しない

インドネシアの場合は、使いたいスマホをスマホ屋さんで買ったら、そこに自分が使いたいキャリアのSIMを差すだけなのですが、日本の場合は、キャリアが売っているスマホを購入しないと機種代金の割引や、月々の使用料金の割引が得られなかったりして比較検討が面倒くさい。
自分的には買いたいのはREDMI NOTE9Sなのですが、使いたいキャリアは楽天で、楽天で売っているスマホを買わないと使用料金1年無料の恩恵にあずかれないので悩ましい。OPPO RENO3Aで手を打つとは思うのですが・・・。

ってことで、Androidユーザーの僕は楽天でOPPO 3Aを購入し、使用料金1年無料プランで落ち着きそうです。

っていうことでまた。

ランキングに参加しています。ぽちっと下記の「ブログ村」を1クリックお願いします。