会社(PTローカル)設立① -最初のステップ-

インドネシア行政手続き

先日、20年ぶりにインドネシアで会社設立(PTローカル:内資)をしました。

20年前に比べ今では、プロセスがだいぶ簡素化され、素人でもわかりやすくなっています。自分の備忘録のために、設立のプロセスを数回に分けて書いていこうと思います。
今回は内資で作りましたが、PMA(外資)の場合は別のプロセスもあるかと思います。

ちなみに、今回は会社設立エージェントは使わずすべて自分一人で行いました。

資本金のこと

資本金の額によって、会社のカテゴリーが変わります。会社作成にあたり重要になりますので、覚えておきましょう。

Usaha Mikro Rp50,000,000以下
Usaha Kecil Rp50,000,000-500,000,000
Usaha Menengah Rp500,000,000-10,000,000,000
Usaha Besar Rp10,000,000,000以上

上記4つのカテゴリーに分類されます。尚、PMA(外人資本)はUsaha Besarでしか作成できませんので、資本金が最低Rp10,000,000,000(約8,000万円)必要です。

KBLI(インドネシア標準産業分類)の選択

KBLIとは何かといいますと、簡単に言いますと、業種コードになります。この業種コードは5桁の数字で、業種により、その数字が割り当てられています。作成する会社がどの業種でKBLIがいくつのなるのかを決定しないといけません。そのKBLIのリストは下記のサイトで確認できます。

上記サイトにアクセスしていただきますと、下記の画面になります。

業種が大まかにA~Uで分けられています。あてはまる業種を選んでいただくと、さらに細かく業種が枝分かれしていきますので、最終的に作成する会社の業種にたどり着くと思います。例えば私の会社のダイビングであれば、まずはRのKesenian, Hiburan Dan Rekreasiを選びます。その後は、スクショの順に選びます。

93 Aktivitas Olahraga Dan Rekreasi Lainnya
932 Aktivitas rekreasi lainnya
9324 Wisata tirta
93242 Wisata Selam

ここまで来るのに、5回枝分かれを選んでやっと、ダイビング(Wisata Selam)というカテゴリーにたどり着きました。ちなみに、KBLIは執筆時合計1790が存在します。ダイビングのKBLIは上記のスクショのように93242になります。

このKBLIを会社作成時に決定していないといけません。

※1つの会社でKBLIをいくつも取得可能ですが、資本金の額によるようです。(後述しますが、会社のAKTA(約款)には資本金の額に限らずKBLIをいくつも記載が可能です。AKTAに記載されていないKBLIは取得ができませんので、AKTA作成時に必要なKBLIは記載するようにしましょう。)

KBLIのPDFはこちらから

ダウンロードしたい方はご自由にどうぞ。

次回は・・・

長くなりましたので、今日は会社設立の始めの一歩だけの説明で終わります。次回は、KBLI Berdasarkan Tingakt Risikoについてご説明したいと思います。

それでは。

ランキングに参加しています。ぽちっと下記の「ブログ村」を1クリックお願いします。

もしAmazonや楽天で買い物をされる際には是非こちらをクリック!!
Amazonはこちら
楽天市場 はこちら
※クリック後に何か買ってもらえれば1〜3%が私の収入となります。ブログ書くモチベーションになります!