インドネシア人も意外と知らないNIKのこと!?

インドネシア行政手続き 南国生活

小デブさんの学校、先週一週間対面授業で登校でした。ちなみに、クラスを3グループに分けて、一週間ごとに登校。なので、今週、来週は小デブさんはオンラインです。

で、久しぶりに学校用の靴を履いたらパッツンパツン。サイズ見たら26.5cm。
デブは足もでかいんだろうね。
で、急遽昨日バリギャレリアのプラネットスポーツに買いに行ったんですよ。

27㎝からサイズ試していって、27㎝は小さい・・・。27.5はジャストサイズ・・・。ちょっと大きめにするかってことで、28㎝購入。

28㎝って僕らの時代では、ち●こ大きい奴が履くサイズでしたけど、今の子って、これくらいが普通なのかしら?

で、そんな話はどうでもいいんですけどね、モール入店に際しては以前からお伝えしている通りPeduli LindungiでのQRコードチェックインが必須なのですが、自分が入るときにインドネシア人一家がいて、モールのセキュリティーとこんなやり取りが・・・。

娘 Peduli Lindungiに個人情報入れていなくてQRコード読み取れず
セキュリティー 「NIKを入れて先に個人情報登録してください」
父 「娘はまだ子供だからNIKを持っていない。」
セキュリティー 「KKに名前入ってないんですか?」
父 「・・・・・・」
セキュリティー 「KKにNIKが記載されているでしょ?」

このお父さん、おそらくNIK(国民識別個人番号)はKTP持ってないとないもんだと思ってたみたいですが、NIKは生まれてすぐに与えられるものなので、KKに必ず記載されています。
ちなみに、外国人でもKKに名前が入っていればNIKは付与されます。

そういう勘違いっていうか、もともと知らないって人多いものなんでしょうかね?って思った日曜日でした。

それでは!

ランキングに参加しています。ぽちっと下記の「ブログ村」を1クリックお願いします。

もしAmazonや楽天で買い物をされる際には是非こちらをクリック!!
Amazonはこちら
楽天市場 はこちら
※クリック後に何か買ってもらえれば1〜3%が私の収入となります。ブログ書くモチベーションになります!