インドネシア生活に役立つ基礎知識NO2~ブレーカーが落ちる理由

南国生活 雑記

先日、在住の方のFBをみていたら、「最近よくブレーカーが落ちる」っていう投稿を見たのですが、ブレーカーが落ちる理由を知らない方も多いと思うので生活の基礎知識第2弾でブログに書いていこうと思います。

今まではブレーカーが落ちることってなかったのに突然よく落ちるようになった、って方もいるかと思います。

この理由はたいがいが下記の2つ

  • 電気のショート
  • 安全ブレーカーが壊れている

電気のショート

インドネシアあるあるなのですが、結構電気のショートが多い。ネズミが配線を噛み切ったとか、アリが悪さするとか、元々の配線の問題とか、とにかく色々。見えるところでバチバチ火花散らしていればいいですけど、見えないところだと火事の危険もあるので、すぐに電気屋さんに見てもらいましょう。

安全ブレーカーが壊れている

まず安全ブレーカーが何かわからない方は写真みてください。自分も日本語でこれを「安全ブレーカー」というのを今日知りました。

これがどこにあるかというと、うちは家のなかにあるのですが、外にあるうちもあります。大元のブレーカーからの電源を分配するためのものです。これがないと一か所で電気がショートすると、家全体の電気が使えなくなりますが、これがあれば、ショートした箇所だけの安全ブレーカーが落ちるだけなのでそれ以外の部分の電気は通常通り使用できます。
っていう役割のものなのですが、これ自体が壊れていると電気がショートしなくても、頻繁にこの安全ブレーカーが落ちてしまいます。
その場合は、この写真のものを交換すれば治ります。

ブレーカーが頻繁に落ちる場合はすぐに対処が必要

ブレーカーが落ちるのは理由があるので、すぐに対処しましょう。ほっておくと、本当に火事の危険性があるので気をつけましょうね。

それから、もしも火花を散らしてバチバチいってたら、大元のブレーカーをすぐに落としましょう。うちもつい先日とある場所のコンセントから煙が出てきて(その時自分は家にいなかったのですが)、嫁さんから電話がありました。すぐに自分が電話に出れたからどうすればいいかの指示出せましたが、自分の指示がなかったら嫁さんパニックでした。

ってことで、そんなときにはすぐにブレーカー落とすってことをお忘れなく。

それでは、電気関係にはきをつけましょうね。

ではでは。

もしAmazonや楽天で買い物をされる際には是非こちらをクリック!!
Amazonはこちら
楽天市場 はこちら
※クリック後に何か買ってもらえれば1〜3%が私の収入となります。ブログ書くモチベーションになります!